国際ソロプチミスト佐世保

ソロプチミスト佐世保は女性の地位を高める様々な奉仕活動を行なっています

メニューへ移動します

顕彰事業

奉仕プロジェクト

各賞に該当する方を探しています

国際ソロプチミスト佐世保では、下に示している各賞に該当する方を探しています。皆様のまわりに資格を満たされる方がいらっしゃいましたら、メールで担当者にお知らせください。
メールを送信する

アメリカ連盟賞・日本南リジョン賞

Live Your Dream(夢を生きる賞):女性のための教育・訓練

賞の内容

  • 自己の雇用状況、自分の家族と生活水準を向上させるために必要な職業訓練や教育を得ようとしながら、扶養家族に対して主な経済的義務を負っている女性を援助するもの

適格性と資格

  • 家族(子供、配偶者、パートナー、兄弟姉妹、親など)に対して主な経済的扶養責任を負っている女性
  • 現在、職業・技能訓練プログラムあるいは専門学校、短期大学、大学の学部課程(大学院を除く)に在籍中、もしくは入学許可を得ている女性。(通信教育も可)
  • 自身と扶養家族(子供、配偶者、親)に対する大部分の経済的責任を負っていて、経済的援助の必要性を明らかにできる。
  • 職業・技術訓練過程もしくは大学課程(大学院を除く)に在籍中か入学許可を得ている。

年齢・性別及び国籍

  • 日本在住の成人女性
  • 国籍不問

受賞件数

  • 15名

賞金及び副賞

  • 1件 20万円
  • リジョン1位には追加して $5,000
  • リジョン2位には追加して $3,000
  • 連盟内優秀賞3名には追加して $10,000

閉じる

アメリカ連盟賞・日本南リジョン賞の受賞歴

2000年 女性が女性を助ける賞(WHW賞)
井沢 壽子 氏
終戦の年より50年の長きにわたり母子家庭をサポート。女性の自立を助けるために自宅を開放して職業訓練を行った。
2001年 女性のために変化をもたらす賞(MD奨学金)
高原 朗子 氏
長崎大学教育学部助教授学習障害児およびその近縁の障害児に対する心理療法
~心理劇施行を通して~
2002年 女性に機会を与える賞(WOA賞)
山川 由希子 氏
2004年 女性に機会を与える賞(WOA賞)
大歯 恵美子 氏
2007年 女性のために変化をもたらす賞
森田 敦子 氏(フェアトレードショップ経営)
女性事業で田舎の元気を取り戻す試み

閉じる

ソロプチミスト日本財団賞

支援事業

ソロプチミスト日本財団 女性研究者賞

趣旨

  • 本賞は当財団の創立30周年を記念し、さらなる女性の躍進への足掛かりとなる機会を与えることを目的として創設する。
    本賞は、教育、科学技術、医療技術、環境、IT技術、介護福祉、社会福祉、伝統技術、伝統文化、文学、経済学、健康、平和など様々な分野で将来性のある研究をしている有能な女性に対し、研究費を支援する。

応募資格

  • 日本国内で上記の趣旨にかなった研究をしている日本人女性

件数

  • 1件

支援金

  • 500万円(支援総額500万円)

閉じる

奨励事業

ソロプチミスト日本財団 ドリーム賞

趣旨

  • 本賞は当財団の創立30周年を記念し、女性や日本の将来を担う子どもたちが希望を持てるような社会の構築を願って創立する。
    社会生活のあらゆる場面で女性の力はますます重要になっている。本賞は、自身の活動やその成果によって、女性や子どもたちに夢や希望を与え、明るい未来を築くことに貢献した人を称えます。

応募資格

  • 日本国内で上記の趣旨にかなった活動をしている人

件数

  • 1件

副賞

  • 100万円(副賞総額100万円)

閉じる

顕彰事業

千嘉代子賞

趣旨

  • 永年にわたり継続的に当財団定款の事業に掲げるいずれかの分野に該当する活動を行い、その活動において顕著な功績が認められる人を称える。

応募資格

  • 上記の趣旨にかなっている日本人。性別不問。

件数

  • 1 〜 3件

副賞

  • 1件につき100万円

閉じる

社会ボランティア賞

趣旨

  • 本賞は、当財団定款の事業に掲げる各分野に該当する活動を対象に、地域社会のニーズに適合した地域密着型のボランティア活動を継続的に行い、誠実に責任を果たしている人を称える。

応募資格

  • 上記の趣旨にかなっている個人または団体

件数

  • 30 〜 40件

副賞

  • 1件につき20万円

閉じる

学生ボランティア賞

趣旨

  • 本賞は、学生ならではの視点で当財団定款の各事業に掲げる各分野に該当する活動を継続的に行い、誠実に責任を果たしている学生を称える。

応募資格

  • 上記の趣旨にかなっている個人または団体
    かつ、中学校、高等学校、短期大学、大学、専門学校、専修学校、あるいはそれと同等の教育機関に在籍している個人または団体

件数

  • 10 〜 15件

副賞

  • 1件につき10万円

閉じる

援助事業

ソロプチミスト日本財団 活動資金援助

趣旨

  • 本助成は、当財団定款の事業に掲げる各分野に該当する活動を対象に、資金困難な状況の中で地域社会のニーズに応えようと努力している団体へ活動資金を提供することにより、そのボランティア活動が継続的できるように援助する。

応募資格

  • 上記の趣旨にかなっている団体

件数

  • 10 〜 15件

助成金

  • 1件につき30万円以内

閉じる

ソロプチミスト日本財団 災害復興援助

趣旨

  • 被災地における復興のための活動ならびに日本各地における被災者支援のための活動を実施している団体へ、活動資金を提供することにより、そのボランティア活動が継続できるように援助する。

応募資格

  • 上記の趣旨にかなっている団体

件数

  • 5 〜 10件

助成金

  • 1件につき30万円以内

閉じる

その他

ソロプチミスト日本財団賞の受賞歴

1992年 国内奉仕
九州大学理学部付属島原地震火山観測所
普賢岳噴火災害を観測している施設を支援
1999年 女性ボランティア賞
シスター景山 ひろ 氏/フィリピン、バコロド島の「善きサマリア人修道会」所属
地元の女性と子供たちを教育。職業訓練、生活指導など献身的に奉仕活動を行う。
2000年 青少年ボランティア賞/青少年の部
金子 裕紀 氏
多くのボランティア活動を展開して、ネパールと日本の子ども達の交流。
2001年 千嘉代子賞
松永 真理 氏(佐世保出身)
iモードの開発、国際的な文化交流。
2002年 社会ボランティア賞/社会人の部
副島 洋子 氏
社会福祉法人「佐世保市手をつなぐ育成会」事務局長として知的障害者の施設整備と生活の支援。
2005年 社会ボランティア賞/青少年の部
聖和女子学院高等学校 生徒会(会長:柴田加奈子 氏)
多くのボランティア活動を展開、特に環境問題を考慮。生ごみリサイクル花壇、国際交流など継続して活動。
2010年 千嘉代子賞
石原和幸 氏
2013年 社会ボランティア賞
吉田恵美 氏

閉じる

対象除外について

それぞれの趣旨にかなっている方でも、以下に該当する場合はご応募いただけません。

  • 過去10年間に当財団の賞や援助を受けられた方

    受賞歴などは、お問合せいただければお調べいたします。

  • ソロプチミスト会員および関係者

    関係者=会員の配偶者、親、子、及びクラブがスポンサーしている団体

閉じる

佐世保クラブ賞

女性栄誉賞

趣旨

  • 女性と少女を助ける奉仕プログラム(経済的社会的開発奉仕・教育奉仕・環境奉仕・保健奉仕・人権/女性の地位・国際親善と理解活動)分野において、専門職、ボランティア活動を通じ、十年以上に亘り、地域社会に顕著な貢献をした女性に対し、クラブが表彰するもの。

応募資格

  • 成人女性

受賞件数

  • クラブで決定

賞金および副賞

  • クラブで決定
  • クラブからの報告書に基づき、リジョンガバナー署名の賞状を授与

閉じる

女性栄誉賞の受賞歴

2000年 松永 真理 氏(佐世保出身)
iモードの生みの親的存在。
2001年 山川 由希子 氏(看護高等専修学校)
2002年 山地 美登子 氏(看護士)
国際交流に貢献。
2003年 岩本 修子 氏
社会福祉法人「蓮華園」・精神障害者生活訓練施設「湖畔荘」施設長
2004年 山崎 スサ子 氏(社会福祉施設経営者)
長年に亘り女子教育と青少年育成に貢献。
2005年 光冨榮子 氏(ワールドミッションツウチルドレン)
戦後混乱時に孤児や混血児の保護と育成。
2007年 武田 艶子 氏(会社経営者)
女性の地位向上のための組織の立ち上げ。
2009年 久田 順子 氏
長年にわたり時代にふさわしい知性と教養を身につけた女性の育成。
2010年 宮田 チエ子 氏
生花を50年にわたり指導。日本の伝統文化の普及に努め地域社会と国際交流に貢献。
2011年 東 節子 氏
地域における経済的社会的開発に奉仕し、人材発掘及び支援を継続。
2017年 円田 幸子 氏(教育奉仕)
富永 一子 氏(国際親善と理解活動)
2018年 田中丸 基子 氏(教育、経済的社会的開発奉仕)

閉じる

成功を祝うソロプチミスト賞(クラブ受賞)

国際ソロプチミスト佐世保が受賞した「成功を祝うソロプチミスト賞」の受賞歴です。

受賞歴

2000年 スイートポテトピクニック
養護施設の子ども達をみかん狩りと芋掘りに招待。
2001年 カナダバンクーバー日系ボランティア協会『隣組』援助
カナダに在住する日本人のために日本的な品物(着物.帯.提灯.etc)を送る。訪問して交流を深める。
2002年 「善きサマリア人修道会」のシスター支援
フィリピン、バコロドの貧困家庭の女性支援。
2004年 シェルター及び知的障害者施設への支援
2005年 DV対応シェルター並びに精神障害者・知的障害者更生施設への支援
2006年 蓮華園、千草野学園への支援
DVシェルターおよび働く女性のために
2007年 ホームページ作成に対する連盟賞3位入賞

閉じる